不動産の売却での反復継続について

不動産の売却での反復継続 不動産売却はその内容によって、反復継続と見做される事があります。見做された場合には法律上、業務として不動産取引を行っているという扱いになるので、宅地建物取引業の免許が当該する売却行為に必要となります。従って一般個人においては法に抵触する可能性が高くなる為、注意する必要があるのです。
反復継続と成るか否かは、取引の可能性が複数回に跨ぐかどうかが大きく左右します。例えば100坪の土地を売却するとして、そのまま100坪を特定の個人・企業に売却する場合は該当しません。一方で50坪づつの2区画に分割し、其々の区画を別々の個人・企業に売却するケースでは、該当する可能性が高くなります。
反復継続に該当するような取引を検討したい場合には、一旦は宅地建物取引業の許可を持つ事業者に纏めて不動産売却を形式上行い、実質的に転売を委任するような順序を踏む必要があります。法に違反した場合、罰則が非常に重く設定されているので注意を要します。

不動産反復継続の明確な定義はない!?

不動産反復継続の明確な定義はない!? 不動産は流動性のない資産なので、売買における手続きが煩雑になりがちな特性が持たれています。ことに、不動産の反復継続の定義については、ある程度の知識を有する方でも意見が分かれることがあります。
たとえば、「取得してから半年居住してから売却し、その売却益で再度取得する」といったケースは、反復継続に該当するかどうか物議をかもしています。この問題については、明確な定義はないとの回答が一般的に認知されている模様です。ポイントとなる部分と言えば、宅地建物取引業上における「業として行う」に抵触するかどうかにあたります。
現在では、宅建業の無資格者の人が業として反復継続を行った場合、法律に違反する行為として認められてしまいます。しかし、不動産の売買には、やむを得ない事情より反復継続を余儀なくされるケースも考えられます。最終的には、司法に基づいた判決に従うものとなりますが、反復継続の明確な定義がない部分に焦点を当てて、正当性を主張することも必要です。

新着情報

◎2018/5/8

不動産の売却に伴う各種税金
の情報を更新しました。

◎2018/3/2

インカムゲインを手に入れよう
の情報を更新しました。

◎2018/1/19

遺産相続時に揉め事が起きる理由
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

不動産の売却での扶養者控除
の情報を更新しました。

◎2017/8/10

年末調整での確定申告
の情報を更新しました。

◎2017/7/7

サイト公開しました

「不動産 売却」
に関連するツイート
Twitter

マンション売却、一戸建て(家)売却など不動産売却は仲介手数料無料か売却金額×1%のコーラルへ colal.net/index.php?go=y…

Twitter1000万個の未来@colal_net

返信 リツイート 23秒前

不動産投資ってなに??】 不動産投資とは、不動産に資金を投じて、利益を得ようとすることです。不動産を買い、人や会社に貸して賃料を得たり、買った価格より高く売って売却益を得ようとすることを言います。 賃料という毎月安定的に得られる運用収益、 将来に向けて大きな資産形成ができる投資 pic.twitter.com/hjcZRfGCW3

私の会社がファンドに売られ、結果的に持っていた土地(工場)を売却され、会社自体が大幅縮小になった経験からすれば、大塚家具は好立地の不動産を全部とられて(もしくは売却)大幅縮小させられると思う。 pic.twitter.com/XRSohPGzwO

Twitterたこつぼ@なんかどうでもよくなった@takotsubo_2011

返信 リツイート 6:12

M&Aで売却先を安価な手数料で捜して欲しい方 滞納した税金の分割払い交渉に自信のない方 今、取引をしている銀行や公的機関との交渉がうまくいかない方 不動産の仕入資金や購入資金を借りたい方 債務超過で借入が困難な方 今後、資金調達や資金繰りで悩みたくない方 最善の資金調達を実行

Twitter事業者徹底支援プロジェクト@ouenkikaku1

返信 リツイート 5:30

飛騨高山で高く不動産売却するなら! peraichi.com/landing_pages/…

Twitter井上正【すみれグループCEO】@sumiregroup

返信 リツイート 4:46

①耐用用年数が長い  新築マンションは中古マンションに比べて、耐用年数は長くなるよね!これは不動産を長期保有することができて、長い間家賃収益を得ることが出来るということなのです!売却する時、中古マンションに比べて高く売ることができるのです(*´ω`*)

Twitterゆうたん(*>ω<*)@yuutann13579

返信 リツイート 4:45

【ホテル等不動産売買取引(オーナーチェンジ、M&A・合併&買収、開発投資、売却・購入)に対応致します!】​特長5:エリアはグローバルに出来、日本国内、海外どちらでも対応可能です!海外地区の不動産の買収や外資に売り渡したいという意向をお持ちの方でも対応出来ます!

Twitterホテル等不動産売買取引(オーナーチェンジ、M&A・合併&買収、開発投資、売却・購入)に対応致します!@Hotel_Deal_MA

返信 リツイート 4:00

【ホテル等不動産売買取引(オーナーチェンジ、M&A・合併&買収、開発投資、売却・購入)に対応致します!】​特長4:開発投資を行います!既存の大口ホテルやゴルフ場の拡張に対して、開発投資を行います。開発投資後は売却オーナーチェンジで、当方で買収経営も可能です!

Twitterホテル等不動産売買取引(オーナーチェンジ、M&A・合併&買収、開発投資、売却・購入)に対応致します!@Hotel_Deal_MA

返信 リツイート 3:00

[民][瑕疵ある意思表示3] Bの詐欺・脅迫により意思表示を取消したAが登記を戻さない内にBがC(取消し後の第三者)に不動産売却を行った場合は、二重譲渡の類推適用で登記が対抗要件。 取消し後いつでも登記を戻せるAに登記を要求することは酷ではない。

Twitter公務員試験専門記述 専記bot@senki_bot

返信 リツイート 2:44

返信先:@techuzie他1人 韓国でもマンションなど不動産売却が増加しているらしい 異常な程。日本も今、マンションが思うように売れないし関東、アパートや中古マンションなども入居者がいなくて、経営者が危機的状態にある、すでに手離した人もいる。格差社会の金余り現象と思う。