不動産の売却での扶養者控除について

不動産の売却での扶養者控除 通常、不動産は世帯主を名義人として取得し、売却すると世帯主の所得となりますが、相続によって不動産を取得する場合などのように、世帯主以外の構成員が土地や建物を取得するケースも考えられます。もし、被扶養者が取得した土地や建物を売却する場合は、扶養者控除が適用できなくなってしまう可能性があるので注意が必要です。
不動産の売却によって扶養から外れてしまうかどうかは、扶養控除の適用要件の一つである「1年間に得た所得の合計が38万円以下であることかどうか」で決まります。
そして、これを判断するためには不動産を売却した扶養親族の所得を計算しなければなりません。土地や建物を売却したことによって生じる所得は、売却益と、固定資産税および都市計画税の精算金の合計金額から、売却する際に出費した費用と、物件の取得にかかった費用を差し引くと計算することができ、これが基準を上回っていた場合は納税者の所得から扶養控除額を差し引くことができなくなります。

不動産関連の税については扶養者などのことも考えて!

不動産関連の税については扶養者などのことも考えて! 不動産については、取得、売却、所有すべてにおいて税が絡んできますが、場合によっては納税義務者の配偶者や扶養に入っている人のことも考慮に入れなければなりません。
例えば、配偶者が亡くなった父親から相続によって取得した住居を売却する場合、そのとき得た所得が38万円を超えると配偶者控除の対象から外れてしまいます。それでも、所得が76万円より少なければ配偶者特別控除を適用できますが、納税義務者の所得から控除できる金額は少なくなってしまいます。扶養控除も同様で、不動産の売却によって所得が38万円を超えてしまうと、その人は扶養親族の対象から外れてしまいます。
配偶者や扶養親族のことを考えなければならないのは、不動産を活用している場合も同様です。不動産の所有者の中には、駐車場や賃貸など、土地や建物を活用している人が少なくありませんが、それによって得た収入から必要経費を差し引いた金額を所得として計上しなければなりません。もし、この所得が一定以上になっていれば、配偶者や扶養親族は控除の対象外になってしまいます。
このように、配偶者や扶養親族に所得が生じると、世帯主の所得控除に影響がでることがあるので、土地や建物はよく考えて活用や売却をすすめましょう。

新着情報

◎2018/5/8

不動産の売却に伴う各種税金
の情報を更新しました。

◎2018/3/2

インカムゲインを手に入れよう
の情報を更新しました。

◎2018/1/19

遺産相続時に揉め事が起きる理由
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

不動産の売却での扶養者控除
の情報を更新しました。

◎2017/8/10

年末調整での確定申告
の情報を更新しました。

◎2017/7/7

サイト公開しました

「不動産 控除」
に関連するツイート
Twitter

[その172] 住宅ローン控除確定申告の必要書類となる土地・建物の登記事項証明書(不動産登記簿謄本)が取得できる大阪府の法務局・支局・出張所について、リストにまとめてみました。申告の際の必要書類集めにお役立て下さい。 → dlvr.it/QV48gz

Twitter okano_tetsuya 岡野哲也 税理士事務所 【横浜の税理士】

返信 リツイート 昨日 21:41

返信先:@Monkytomy なるほど。生命保険控除のギリギリ範囲内であればお得感ありますね!それを超える分は絶対に自分でペーパーアセットで運用した方がいいですよ^ ^ 不動産という自分の思う額で現金化できない物をお持ちなので尚更かと思います。保険は必要なものだけ掛捨ての方がおそらくトータルコストは安いです。

Twitter investerMR 人生いろいろ@製薬会社MR

返信 リツイート 昨日 21:39

不動産をローンで購入していると、毎年所得税や住民税額などの控除を受ける事ができます。限度額は存在しますが…

Twitter naiteikakutoku7 将来のための不動産投資✨

返信 リツイート 昨日 21:16

青色申告は、所得金額から「①」万円または「②」万円を控除できる。 ①・・事業所得または事業的規模の不動産所得(貸家5棟、アパート10室以上)があり、貸借対照表と損益計算書を添付した人 ②・・それ以外 ↓ ①65 ②10

【中野区 不動産】毎年めまぐるしく変わる住宅にまつわる税制も、是非お問い合わせ下さい。相続税対策、贈与税対策、住宅ローン控除、買い替え特約等々・・・損しない不動産売買をご提案致します!不動産のことなら中野不動産~フェイス住販へお気軽にお問い合わせ下さい!

Twitter faithjyuuhan フェイス住販

返信 リツイート 昨日 20:23

返信先:@investerMR 控除額が旧制度のうちに契約してしまいたかったのと学資保険にもなるし、不動産とかは死亡するまで出ないので当面の資金にもなりますしね、リボル特約もあるし。保険料も全期前納払込期間も短縮、あと10年で解約しても貯金より利回りよくおまけで保険がついてくるってので損はないかなと😃

...より相続税について大きな改正が行われました。 一番のポイントは基礎控除額の改正であり、大幅に控除額が下がったのです。 このことにより...具体的なメリットやデメリットを検証しながら解説します。 相続開始前に不動産を売却するメリット まず、相続開始前に不動産を売却する場合、どのよう...財産に係る相続税から適用されています。 大きく改正されたのが「基礎控除額」です。 【基礎控除額の計算方法】 (改正前) 5,000万円+500万...

巷には「相続対策」が溢れている。しかしそこには、抜けている視点がある。あえて、「相続しない」という選択肢だ。 相続税の非課税制度:最低3600万円の「基礎控除」、1億6000万円の「配偶者控除」、相続不動産の評価額8割カット「小規模宅地の特例」(記事より要約) headlines.yahoo.co.jp/article?a=2018…

Twitter DERI76464964 I-love-trekking.coM

返信 リツイート 昨日 12:44

...いる。しかしそこには、抜けている視点がある。あえて、「相続しない」という選択肢だ。  相続税には各種の非課税制度がある。最低3600万円の「基礎控除」の他に、1億6000万円の「配偶者控除」、さらに相続不動産には評価額が8割カットされる「小規模宅地の特例」やいわゆる“家なき子特例(*注)”などで、よほどの資産家でなければ多額の相続税を心配する必要はない。 【*注/配偶者や相続人が故人と同居していなく...

...いる。しかしそこには、抜けている視点がある。あえて、「相続しない」という選択肢だ。  相続税には各種の非課税制度がある。最低3600万円の「基礎控除」の他に、1億6000万円の「配偶者控除」、さらに相続不動産には評価額が8割カットされる「小規模宅地の特例」やいわゆる“家なき子特例(*注)”などで、よほどの資産家でなければ多額の相続税を心配する必要はない。 【*注/配偶者や相続人が故人と同居していなく...